読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文芸社の本おすすめ隊

本を愛する職場の仲間たちとおすすめの本を紹介!

おすすめエッセイと詩集

画集・写真集

   

お松≫≫
こんにちは♪
本日ついに、関東甲信地方も梅雨明けをして、
久しぶりに気持ちよーく晴れた空に幸せを感じる今日この頃です。
さて!そんな今回のテーマは、「エッセイと詩集」です。
普段は小説ばかり手にしてしまいがちな私ですが、
これを機に、いくつか読んでみたいと思いました*
それでは、ご覧ください。

 

皆さんこんにちは、いしなべです。 私は普段、作者の方に出版のプランのご提案などをしています。 今回は私がオススメの作品を紹介させていただきます!
さて肝心の読書はというと主にエッセイや詩集が好きでよく読みます。 一口にエッセイ、詩集というと形式も作品によって大きく違い、読者は作品の中でそれぞれ作者の人生を垣間見ることができます。失敗談や自慢話、楽しかったことや辛かったことをひっくるめて、新しい視点で物事を見ることができると私は思います。エッセイや詩集は一文一文を自分の人生と重ねたり、時には参考にしたりと人生の実践的な教科書です!

というわけで今回は勝手ながら「一度読んだら忘れられない、エッセイ・詩集」を2作品ご紹介したいと思います。

光と風の旅苞

絵:長縄 眞住 文:長縄 美紀子(2015/10 文芸社)

こちらの作品はご夫婦の合作で、作中ではお二人がこれまでに足を運ばれた世界各国の風景とその地での思い出がイラストとメッセージでつづられています。 柔らかなタッチが特徴のイラストと寄り添うような奥様のコメントが本作の最大の特徴です。普通の詩画集では作画の技法などに目が行きがちですが、本作の焦点はご夫婦の想い出です。その場所・その瞬間にしかなかった想い出が切り取られており、お二人にしか作ることのできないオンリーワンの作品だと感じます。
ちなみに表紙の雪景色はお二人がドイツに行かれた時の作品です。奥様のコメントではその時の気温はなんと氷点下13度とのこと!かなり寒く過酷な環境だと思いますが、温かみのあるピンクと黄色の建物と幻想的な風景とコメントが当時の楽しさを伝えてくれています。旅の行く先に迷われているあなた! こちらの作品の中で気になった風景を見に、旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

KNOW WHERE

塩飽 雅彦(2012/10 文芸社)

突然ですが、皆さんはご自身の生きる理由について考えられたことはありますか? 本作は作者の塩飽氏が世界60か国を旅する中で『自分が生きる理由』に真摯に向き合った写真詩集です。
もともと私は自然(特に山)が好きでした。なので上司にこの本を薦められた時には何気なくぱらぱらとページをめくり、綺麗なフルカラーの写真に目を奪われました。
そして作品を読み進めるうちに本作のもう一つの魅力気づきました。それは「生きる理由」を自問自答しているかのように見えて、いつの間にか読者にも理由を考えさせる、問題提起をしているという点、作者の生きることに対する強烈な問いかけです。
作品のあとがきでは、作者の塩飽氏が27歳に敢行した登山で命を落とされたこと、その後にご両親・ご友人の協力を得て書籍化に至った経緯が明かされます。 私は作品の中で多くの方にメッセージを伝え、生き続けるという一つの答えが示されているように感じました。

2作品ともエネルギッシュで美しい作品です。 今では私のお気に入りの作品で、デスクに常備してあります。 興味のある方はぜひ一度手に取ってみてください!

余談ですが、エッセイ・詩集は執筆の発端も「自分の足跡をまとめたい」、「日常の記録として」「ただただ、書きたい」などなど人によりけりです。エッセイの執筆は作者にとって結果的に自分が普段気づかなかった新しい価値観に出会ったり、ストレス発散になったり、作者自身に与える効用もあるようです。これをきっかけにぜひ皆さんも一作品生み出してみてはいかがでしょうか。もしかしたら新しい自分が見つかるかもしれません…。 以上です!

f:id:xxmaki512xx:20160728151955j:plain f:id:xxmaki512xx:20160728152016j:plain