読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文芸社の本おすすめ隊

本を愛する職場の仲間たちとおすすめの本を紹介!

英語を学べる本・英語を楽しめる本

  

お松≫≫
こんにちは!
梅雨の季節がやってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私はというと、最近海外ドラマにはまっております。
いつか字幕なしで楽しみたいなと夢見ている今日この頃です。。
そんな今回のテーマは「英語」!
英語が出来る方って素敵ですよね*
それでは、ご覧ください。

 

こんにちは。文芸社のやくたこです! 私は学生時代に英語を学んでいたのですが、最近は話す・書く・聞く機会も少なくなりました…。改めて「勉強し直そう!」と思っている今日この頃。私と同じ様に「英語を使える様になりたい!」「海外の人と気軽にコミュニケーションを取りたい!」などと思っている皆さんを応援する書籍を紹介します!

聞き流すだけで英語がしゃべれるか

宮川 真子(2013/10 文芸社)

聞くこと(リスニング)は出来るけれども、いざ英語で話そうとなると「何をどのようにはなしていいのか…。」「自分の英語は本当に伝わるだろうか…。」という不安から、話すこと(スピーキング)に不安を抱えている人も多いはず!私も正にその一人。本書は著者がいかにして英語を自らのものにしたのか、その経験をもとに、リスニング・スピーキング・文法とあらゆる側面から「本物の英語」を習得するための知識や考え方を伝えてくれます!著者が英語に出会い、今では通訳の仕事を請け負うまでになった過程を記した「私の英語遍歴」を読むことで、さらに英語を学ぶモチベーションがアップするはず!

1日5分であなたの英語をグレードアップ!

高本 孝子(2015/2 文芸社)

帯文に「高校・大学で学んだ英語を錆びつかせない!」 これもまた、今の私にドンピシャの書籍!1日の終わり寝る前の5分間で1レッスン。初級から上級まで計39日分のレッスンがあり、約1か月ちょっとで読むことが出来る本書。時折、身近な話題を取り上げながら、ポイントが非常に分かり易く簡潔にまとめられています!皆さんはあの有名映画のタイトル『男はつらいよ』を英語に訳すことが出来ますか!?答え合わせは、本の中で…。

英語は脳で おもてなしは心で これで世界を味方に

鈴木 健文 鈴木 美々(2015/06 文芸社)

海外旅行に行きたい!と思っていても、自らの英語力に自信が持てず、尻込みしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方々におススメしたい1冊です。本書は、主に海外での旅行や生活・ビジネスのシーンを切り取り、数多くの文例を用いながら単語のニュアンスや使用法を解説してくれます。さらに助かるのは、言語だけでなく海外でのマナーや振る舞い・心配りについても学べること!ホテルのチェックインからワインの選び方まで、海外での滞在や生活をより豊かにしてくれること間違いなし!

f:id:xxmaki512xx:20160613181848j:plain