読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文芸社の本おすすめ隊

本を愛する職場の仲間たちとおすすめの本を紹介!

競馬に必勝法はありません

お松≫≫
こんにちは!
最近は、桜の開花宣言も全国各地で発表されはじめ、
春を感じる機会が多くなりましたね*
春といえば、「競馬」の盛り上がるシーズンでもありますよね!
天皇賞、日本ダービーなどなど盛りだくさん。
ということで!今回のテーマは「競馬」です。
それでは、ご紹介をお願いします♪

 

私は応募原稿のチェックやコンテスト応募作の下読みなどの仕事をしていますが、そんな私の趣味のひとつが競馬。今回は、その楽しみが増す本を紹介したいと思います。

競馬に必勝法はありません。長年、競馬をしている人ならわかると思いますが、たまに大きな馬券を取っても、長く続けていれば結局収支はマイナスというのが現実。では、なぜ競馬をやるかといえば、それは面白いからに他なりません。とはいえ、負け続けではお金がなくなり、競馬を続けることもできません。だから長く競馬を楽しむためには、ある程度コンスタントな資金回収が必要になります。

そんなコンセプトで書かれたのが、

『投資ゲーム的競馬のススメ』

早来 晴常(2013/10 文芸社)

競馬予想にはさまざまな要素がありますが、本書では実に21の要素を取り上げ、回帰分析という手法で馬券を検討します。周到な“投資ゲーム”であり、これだけ入念に分析すれば流石に精度は上がるだろうと実感させてくれる1冊です。ただ、情報量が多いので面倒と感じる人もあるでしょう。

そんな人にお勧めなのが、

100万馬券を獲る!!

ルーサー 井ノ上(2007/10 文芸社)

本書が注目するのは某専門紙の「スピード指数」で、基本の要素はそれだけというシンプルさ。検討要素を特化したことで意外な穴馬が見えてくるのも面白さです。買い方は馬単・3連単を使って徹底的に高配当を追求しますが、本書の着眼は違った買い方にも応用できるはずです。

一方、一風変わった馬券術を紹介しているのが、

『競馬は枠連! 予想を数値化した最強の法則』

神田 孝(2013/8 文芸社)

この本では、長年、枠連と馬名の頭文字の関係を分析してきた著者が考案した「カナ-数字変換表」を用いて軸となる枠を絞り込みます。馬そのものは全く見ない、邪道のようにも見えますが、その実績を見れば「へえ」となります。買い方を迷う混戦のレースで活用するのもいいかもしれません。
趣向はさまざまですが、いずれも競馬の新たな見方、楽しみ方を供してくれる3冊です。

 

※誠に申し訳ございませんが、ご紹介いたしました
『競馬は枠連!予想を数値化した最強の法則』と『投資ゲーム的競馬のススメ』は、
現在「絶版本」と なっております。

f:id:xxmaki512xx:20160324182153j:plain f:id:xxmaki512xx:20160324182126j:plain f:id:xxmaki512xx:20160324182222j:plain