読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文芸社の本おすすめ隊

本を愛する職場の仲間たちとおすすめの本を紹介!

新入社員が選ぶ!読んでおくべき就職活動本!!

お松≫≫
こんにちは!2月になりましたね。
2月と言えば、節分、建国記念日、バレンタインデー、、と色々ありますが、
今日は、来月から情報が解禁される「就活」に関する書籍を、
新入社員のサトルくんに紹介してもらいたいと思います*
それでは、ご紹介をお願いします♪

 

今日は、今年度文芸社に入社いたしました私が書籍をご紹介したいと思います。去年、私も就職活動を経験したのですが、なにが分からないかも分からないという状況で、何よりも先に不安がありました。そこで、文芸社から出版されている就活本で私が読んでおくべきだと思うものを二点紹介したいと思います!

『就活準備 
 就活を始める前に気づいておきたかったこと』

杉村 鉄(2013/9 文芸社)

こちらは、就職活動がどういうものであるかということと実際に就職活動を行う際に必要な意識を教えてくれる書籍です。就職活動というものは自分自身を武器として戦っていく世界ですが、その中でライバルたちとどこで差を作るのか、どこで差が出るのかを教えてくれています。また、学生目線の「社会」と実際の「社会」との差についても教えてくれています。私も就職活動中であった学生時代と、社会人として働いている今とでは思い描く「社会」というものは明らかに違うものがあります。この書籍を読んで、「確かにそうだ」と思う部分は多々ありました。 就職活動を始める前に、また活動中に一読して今一度就職活動というものに向き合うための一冊です。

 

『就勝ワンポイント』

野呂 和美(2013/4 文芸社)

こちらは、就職活動中のアドバイスはもちろん、新社会人になり働いてからのアドバイスも書かれている書籍になっています。就職活動がどういうものであるかが書かれているのに加えて、就職活動を行うに当たって、エントリーシートは見る側の目線に立って書くことや、そのエントリーシートと面接がどう結びついているかという具体的な内容も書かれています。相手側の目線に立つことは意識できそうで意識できない事であり、自分の就職活動時のエントリーシートを思い返してみても、そのように書けていたのか自信がありません。
新社会人になってからのアドバイスはさらに具体的な内容になっていて、新人としてどういう行動を取ることが好ましいのかを日常の身近な所から教えてくれます。まるっきり新しい世界に右も左も分からない状況に立たされる中で、私も新卒一年目として勉強になった点はいくつもありました。就職活動を始めてから働き始めるまで、さらには働いてからも学びが詰まっているという一冊になっています。

就職活動期を迎える前に、あるいはすでに活動中の方はぜひこちらの二冊を手に取ってより良い方向へ就職活動を進めていただきたいと思います。

 

※誠に申し訳ございませんが、
ご紹介いたしました『就活準備 就活を始める前に気づいておきたかったこと』、
『就勝ワンポイント』は、現在「絶版本」と なっております。

f:id:xxmaki512xx:20160202122048j:plain f:id:xxmaki512xx:20160202122124j:plain