読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文芸社の本おすすめ隊

本を愛する職場の仲間たちとおすすめの本を紹介!

“女性の生き方”!

伝記・半生記 漫画

 

お松≫≫
皆さまこんにちは。
今回はなんと、私お松が大大大好きなテーマです!
このタイトルのようなフレーズが書かれている雑誌などを見かけると、
ついつい手に取ってしまいます。。
輝いている素敵な女性の生き方は、とても興味深いし勇気をもらえますよね!
それでは、ご覧ください♪

 

こんにちは、特に鉄道好きというわけではありませんが、鉄子です。今回ご紹介するのは、応募原稿チェックやコンテスト審査を担当する部署におります私が、当社に送られてきた最初の原稿の段階から注目していた2作品です。
いずれも“女性の生き方”が描かれた作品で、ふたりの女性の内ひとりは積極的に寄せ打つ波に向かっていき、ひとりは波に足を取られもがきながら生きていきます。ある意味対照的な生き方とも言えますが、彼女らには何か共通するものが感じられるのです。それは、いずれも諦めず前を向いていること、人間同士の絆に支えられていることかもしれません。

統合失調症だけど、がんばって生きています

みえっち(2016/04 文芸社)

主人公「みえっち」は、やる気満々で臨んだ初めてのOL生活の中で統合失調症を発症します。突然の4ヶ月にも及ぶ入院生活は、治癒することのないと言われるこの病気との苦しい闘いの始まりでした。退院しても、人ごみで不安に取りつかれ、妄想や幻聴に苛まれる。回復したかに見えてもふと眠れなくなり病状が悪化する……。
そんな想像を絶する辛い日々が語られているのですが、「コミックエッセイ」という形で、軽妙にユーモラスに表現されていることで、この病気のことが自然と理解されていくような気持ちになります。
つい笑ってしまうような場面も多いのですが、病気のなか人との繋がりを求めていくみえっちと、彼女を支えた周囲の人々の姿に胸が温かくなります。

Beyond My Control

根本 ミネ子(2016/01 文芸社)

本作は、海外雄飛のキャリアウーマンのオーストラリア生活記です。早くから海外勤務を志していたという著者。積極的にキャリアを重ね念願のオーストリア勤務が決まるのですが、当初は2年の滞在のつもりが何と28年も過ごしてしまったというのだから驚きです。
とはいえ作品にはビジネスに関することはほとんど書かれておらず、雄大な土地にまさにたくましき根を張るごとく、かの国に溶け込んだ活き活きと積極的な生き方は、大方の日本人像を覆すものでしょう。
日本とは異なるお国柄ゆえの障害や、失敗もあるのですが、それすら楽しんでいるような著者の姿はとても爽快。「Beyond My Control」の境地に触れつつ、読む者の世界をも広げてくれるような1冊となっています。

f:id:xxmaki512xx:20160929145715j:plain

「野菜」にまつわる本

実用 えほん

 

お松≫≫
皆さまこんにちは。
最近は台風の影響なのか少し肌寒い日が続き、
すっかり「秋」らしくなってきましたね!
そんな今回のテーマは「野菜」です。
旬の野菜を沢山味わうことで、より秋を満喫できたら素敵ですよね◎
それでは、ご覧ください!

 

こんにちは、マルクです。照りつける日差しや身を切るほどの北風、そんな暑さや寒さを感じるという当たり前なことに "生きている幸せ" を感じ、普通の日常の有難みを感じる年頃になりました。
そんな私がおススメする本は身近でありながら奥深い「野菜」にまつわる2冊です。土を耕し、種・苗を植え、太陽と雨の恵みにより、共に汗をかいて成長した魅力的な野菜。
そんな野菜たちはどんな過程を経て成長するのか、日々の食卓でどんな役割をしているのかご存知でしょうか?

ぼくの畑ってすてきでしょ

作:金井 美絵 絵:平沢 由里子(2014/01 文芸社)

土の香りを想像してください。
本書は、子供たちの目線で野菜作りの苦労や面白さは勿論、生き物や天候の新しい発見を春夏秋冬に綴ったエッセイ風絵本です。「野菜はいい土でのびのび育てると強くなるんだって」という言葉には野菜への愛情を感じます。まさに子育てと同じかなと…
都会の畑でも1年を通してたくさんの野菜ができるのです。しかも手の入れ方によってスーパーマーケットでは売っていない野菜にも出会えます。大胆なイラストと爽やかな水彩画を見ていると、畑の土を思わず触りたくなります。自然の香りを五感で感じ野菜を育てる、これこそ人類の生きる原点でしょう。

野菜を食べる88(ぱぱっ)と簡単レシピ

切明 友子 水野 菊代(2014/04 文芸社)

1日にどの位の野菜を食べればよいのでしょうか。
本書には野菜摂取の必須量はもちろん、「手軽に!」というキーワードで簡単に作れるレシピが収録されています。 家にありそうな身近な材料、でも食材の組み合わせが意外です。作ってみたい・食べさせたい・食べたい!と好奇心くすぐる斬新なアイデア満載。「イモ類とフルーツのレシピ」はチャレンジしたくなります。
「ワンポイント雑学」も知らないことばかり。一つの野菜を分割した場合、その部位によっても適切な調理法の解説例は私の自己流レシピの幅が広がっています。色とりどりの野菜売り場を歩きながら、食卓のお皿に盛られる完成形の想像力を豊かにしてくれます。

f:id:xxmaki512xx:20160916122457j:plain

勉強への再チャレンジに最適な本!!!

自然・科学・工業

    

お松≫≫
皆さまこんにちは。
早いもので、明日から9月がスタートしますね!
そんな今回のテーマは「勉強」です。
いくつになっても、
あらゆる分野に興味関心を持ち続けていけたらと思う、今日この頃です。。
それでは、ご覧ください!

 

こんにちは、つばめ男です。
突然ですが、みなさん勉強は好きですか? 好きと答える人はなかなかいないような気がしますが、それは私自身勉強が苦手だからなのかもしれません。
そんな私ですが、社会人になってから「あれ、今日は少し勉強してもいいかも……」なんて思う日が極々稀に訪れます。思うだけで特にこれまで実行はしてこなかったのですが、今日はこの本なら簡単に・楽しく勉強できそう!という書籍をご紹介します。

化学と物理の基礎の基礎がよくわかる本 増補版

飯出 良朗(2002/06 文芸社)

化学、物理、数学――以上の三つは私を勉強嫌いにしたスリートップ教科ですが、私と同じように理系科目に対して苦手意識(あるいは憎しみ)を抱いている人も多いのではないでしょうか。 そんな人達に読んでいただきたいのが本書です。
まず、まえがきを読んでみましょう。『この本は、主として高校で化学や物理をきらいになってしまった人、あるいはきらいになりかけている人、および中学生全学年の人達を主な対象として書いてあります。……』
次に、目次を見てみましょう。『Ⅰ-1.たし算と掛け算』 ……なんか、やれる気がしませんか? 化学や物理を扱った書籍では、基礎的な数学の知識は持っていること前提に書かれているものが多いですが、この本は「基礎の基礎」である「たし算」からスタートし、誰もが躓かないような構成になっています。説明も詳しく丁寧で、これなら理系科目大嫌いの人でも勉強できそうな気がします。

なるほど!気象学 奇跡のような天気の仕組み

宮島 輝夫(2014/11 文芸社)

こちらもタイトルにある通り、気象学なんてまったく触れたことのない人が、読んだ時に思わず「なるほど」と頷いてしまうような気象学を扱った書籍です。
「梅雨」や「ゲリラ豪雨」などの身近なキーワードから、「ポロロッカ」や「テレコネクション」などの聞き慣れないキーワードまで、それぞれ見開きごとにまとめられており、さらに図や写真もたくさん使われていてとてもわかりやすいです! 
個人的には「モーニンググローリー」の項目が面白かったので、興味がある方はぜひ本書を読んでみるか調べてみてください。 全体を通して楽しく読めるので、勉強しているというような堅苦しい気持ちになることなく、気象学を学べる書籍になっています。

f:id:xxmaki512xx:20160831142523j:plain   f:id:xxmaki512xx:20160831142546j:plain